「ほっ」と。キャンペーン
2009年 09月 22日

MJ

f0032634_14583363.jpg


More
[PR]

# by lyn1080flatspin | 2009-09-22 15:45
2009年 07月 12日

虹 07112009

f0032634_13121121.jpg


More
[PR]

# by lyn1080flatspin | 2009-07-12 13:20
2009年 01月 29日

人 

f0032634_14525252.jpg


More
[PR]

# by lyn1080flatspin | 2009-01-29 15:11
2009年 01月 21日

アメリカ 

f0032634_12372515.jpg


f0032634_1238662.jpg


f0032634_12383863.jpg


f0032634_123961.jpg


More
[PR]

# by lyn1080flatspin | 2009-01-21 12:57
2008年 11月 03日

読書メモ 

「全ての装備を知恵に置き換えること」
                           石川直樹

彼(イヴォン・シュイナード)はこう言った。 
「冒険というものの究極は自分の身体1つで行うことだと思っている。もしある人が始めてクライミングをやりはじめたら、周りにある装備を全て使うだろう。例えばアイスクライミングだったら始めはダブルアックスで氷壁を登るかもしれない。それはとても簡単なことだ。しかし技術を身につけていくにつれ、その氷壁を一本のアイスアックスで登れるようになるかもしれない。 略 
それはある道筋のようなものなんだ。私にとっての究極は、何の道具もつかわない”ソロクライミング”なんだよ。チョークもクライミングシューズもガイドブックも。。。きみが興味をもっている古代の航海術と同じように、全ての装備を知恵に置き換えること。それが到達点だと思っている。わたしはそれを完全に信じてやまない。」

「冒険なんてどこにでもあるものさ。そんなものは自分で生み出せばいいんだ。複雑なものから、よりシンプル、より純粋なものへと追求していくか知恵というのは全てが冒険なんだよ。」

More
[PR]

# by lyn1080flatspin | 2008-11-03 05:10
2008年 10月 27日

風の景 

f0032634_12561428.jpg


More
[PR]

# by lyn1080flatspin | 2008-10-27 12:47
2008年 10月 16日

耕す

f0032634_1545922.jpg


More
[PR]

# by lyn1080flatspin | 2008-10-16 16:08
2008年 10月 15日

海へ

f0032634_13151966.jpg


More
[PR]

# by lyn1080flatspin | 2008-10-15 13:46
2008年 10月 14日

潮騒 

f0032634_13491232.jpg


More
[PR]

# by lyn1080flatspin | 2008-10-14 13:51
2008年 10月 05日

幸福について 

<日本で、しょうがないじゃない。>
糸井重里 ダーリンコラム 

世界には、いろんな区分けがあってさ。
肌の色で白黒抹茶じゃなくて、白黒黄色
なんて分ける場合もある。
国という単位で分けることもある。
何語をしゃべるかで、分類されることもある。
どういう神を信じているかで、分けられることもあり、
どんな社会体制をとっているかで敵味方になることもある。

自分の肌の色によって、得することも損することもある。
へたをすれば争いごとにだってなる。
宗教がちがうということで、激しく対立することもある。
また、自分がどこの国に属しているかによって、
さまざまな有利不利もあるだろう。

自分が、どこの国に生れたのかということは、
自分で選べることではない。
それは、肌の色を選べないのと同じように、
どういう両親の間に生れることも選べないように、
あらかじめ与えられていることだ。

たまたま、ぼくは日本という名の国に生れていて、
おそらく、そのことによっての、
いいことも、わるいことも味わっているのだろう。
生れてこの方、他の国籍を持ったこともないし、
長い間よその国にいた経験もないので、
日本の人として日本にいることを、
あんまり意識しないで日々を送っている。

生れたときは、戦争で負けた直後で、
ずいぶん貧しかったらしい。
どうしょうもなく貧しかったという実感はないけれど、
日本にいる人たち全体が、富んではいなかった。
あの当時の、自分の家が、いまの日本にあったら、
「とても貧しい」という位置づけになるんだろうと思う。
その後、ずいぶん端折った言い方だけれど、
いろんなことがうまくいったようで、
経済的に富んだ国と言われるように、日本は、なった。
アメリカの次ぎの国だとか、
アメリカだってお手本にしているだとか、
おだてられたのか、自分でいい気になったのか、
ずいぶん「大きな国」みたいな自画像を描いていた。
そういう時代に生きているのは、
裕福になった家庭で育つみたいなもので、
人々の気持ちも、坊っちゃん坊っちゃんしてくる。
「ぼくんち(国)、お金持ちだもーん」
というような気分で、生きていられたんだね。

でも、「ぼくんち」がいつまでも安泰なわけもなく、
どうも、いろんなことが怪しくなってきている。
「金だけはあるけど、尊敬されない」なんて、
ちょっと自嘲気味に言っていた時代も終り、
「うちはもうお金持ちじゃないかもしれない」と、
日本にいるぼくらは、うすうす感じるようになった。
「かもしれない」と言ってた時期は、まだいいのだけれど、
「取り柄もないし、金もない‥‥みたい」と、
あちこちでささやかれるようになった。

たいへんだ、たいへんだという記事が、
あちこちに出てくるのは、目に見えている。
まだまだ増えることだろう。
そして、おそらく
経済的にうまくいかなくなった家の家族が、
これまでとちがった生活に切り替えていくようなことが、
必要になるのだろう。
そういうことが、どれほどの期間で
行われていくのかは、わからない。

世界に冠たるスペイン、沈まない女王陛下の英国、
世界一だったはずの国だって、
静かな何番目かの国になっている。

メソポタミアだの、エジプトだの、インドだの、
中国だののことも想像してみてもいい。
いちばんだの、その次だのの座に、
いつまでもいた国なんて、ひとつもない。
それで、どえらい不幸になったかといえば、
どうやらそういうものでもなく、
それぞれに、ちゃんと人は生き、人は暮らしている。

もっと言えば、
世界一になったことなんかまったくなく、
何かと苦労もしてきましたなんて国は、
もっとたくさんあるわけだ。
そういうたくさんの国々のことを、
「ぼくんち、お金持ち」だったときの日本は、
生意気にも、ちょっと下に見てたかもしれない。
それは、オリンピックのメダル獲りっこなんかにも、
よく表れているのではないか?
日本みたいな小さな島国にしちゃぁ、
ずいぶんたくさんのメダルを期待しすぎてないか?
銅メダル一個だけ、という国だって、
いっぱいあるだろうし、
メダルなんか夢の夢という国だってあるよね。
それが、つらそうだったり、不幸そうだったりするか?
そんなこともないんじゃないかなぁ。

たまたま、この日本という国の人で、
その国の景気が、よかった時代があって、
それなりにちょいと知られた国にもなったりして、
やや沈もうとしている‥‥ということがあるなら、
先にそういうふうなサイズでやっている国に、
「大きくなる方法」だとか「もっと勝つやり方」じゃなく、
「幸せにやってく方法」を学ぶべきなんじゃないかねぇ。

もしかしたら、この、あなたやぼくが、
たまたま生れた国である日本で、
はじめて「幸せにやっていく方法」を考える時代が、
迎えられるかもしれない。
これは、なんだかすばらしいことのような気がするんだ。

More
[PR]

# by lyn1080flatspin | 2008-10-05 11:53